TOP > レーザー脱毛を受けた後の注意点

レーザー脱毛を受けた後の注意点

レーザー脱毛の施術は、医師がお肌の状態を診察してから、看護師が行います。
脱毛を受ける人は診療台に横になっていれば、何も自分ですることはありません。
お肌の消毒からレーザーの照射までスタッフが行ってくれます。

レーザー脱毛では、部位によって、目を保護するためのゴーグルをかけることがありますが、かけてしまえば寝ているだけです。


脱毛に使われるレーザーは、高い出力を持つ医療用のものです。

このレーザーは医療機関でしか扱うことができません。

レーザー脱毛情報サイトを使用する機会が増えています。

黒い色に向かって進む性質のあるレーザーで、お肌の上から照射すると、皮膚にはほとんど向かわずに毛に集中的に進んでいきます。

これにより、肌ダメージを最小限にして脱毛効果を得られます。

レーザー脱毛を受けた後には、いくつかの注意点があります。

黒い色に向かうという性質から、日焼けを避けなければいけません。



肌ダメージが少ない脱毛方法ですが、全くないと言うわけではありません。


塗り薬などが処方された場合は、医師の指示通りに塗るようにします。

施術した当日は、お肌が赤くなることがあります。
ヒリヒリとした感じがすることが多いですが、保冷剤を包んだタオルをお肌に当てるなどして、お肌を冷やすことで症状を和らげることができます。
運動など血行が良くなることをすると、赤みがひどくなってしまいます。入浴も、湯船につかるのは避けて、シャワーで短時間に済ませるようにするといいでしょう。



こうすることで、お肌のトラブルを回避できます。